読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第三次ダイエット世界大戦

肥満になった僕が実際に体験した病気と苦しい肥満との戦いをブログにしました。

この話はノンフィクションです。肥満になった僕が実際に体験した病気と苦しい肥満との戦いをブログにしました。

緑内障と誤診断され目薬の副作用で眼痛がやっと治った件

肥満から生んだ持病

 緑内障と誤診断された経緯

f:id:world-war3:20170214024522j:plain

 

去年の12月の22日の出来事です。仕事中に目がぼやけて見える状態が一ヶ月も続いていたので家の近くの眼科に言った、女性の先生で緑内障の疑いがありますと言われ視野検査・画像検査をされて緑内障の特徴です。「早期発見ですね!」と言われました。かなりショックを受けて、その日は眠れませんでした。それから一ヶ月が過ぎてから、眼科に受診すると今回は、どうやら男の先生でビックリしたのは、診断される人が10秒もしない内に出てくる患者が多くて、やたらと診断が早く感じました。「アイピラミッドさん中へどうぞ?」と看護婦さんの声が聞こえて中へ入ると男の先生で5秒で両目を医療機器で見て今日は眼圧は正常です。ではまた来月と言われました。僕は眼圧を下げる生活をどのようにしたらいいか先生に緑内障で聞きたいことがありますと言ったらブチ切れた言い方で「なに?」と言われ眼圧を下げる生活について聞いたら、ただ一言で「痩せる事だ!」と言われ受診が終りました。男性の先生の態度には呆れて、もともと前に通っていた眼科に直行して受診してもらったら、緑内障ではないと言われました。詳しい検査もしましたが異常なしでした。先生もビックリしていた感じです。後で最初に行った眼科を口コミを見たら評判が悪く最悪な状態でした。この話を会社の人に相談したら、「それは訴訟問題だよ!」と言われました。今思うと検査費で4000円ほどかかりました。最後に行った信頼できる眼科は2000円ほどでした。友人に相談したら最初に行った眼科はかなりヤバイと評判で病院を変えて良かったと言われました。

 

まとめ

世の中には、色々な病院や医師が居ます。僕誤診断をされたのは初めてで、副作用も初めての経験だったので色々と辛かったです。でも緑内障でない事で解決したので安心しました。